【MLB, NBAからの英語フレーズ】永久欠番は英語でどのように表現する?

MLB 野球
スポンサーリンク

当ブログでは、海外研究や論文を元にした科学的な練習法を紹介したり、話題の海外スポーツトピックから、データベースな新情報をお伝えしております。 たまにスポーツ英語も紹介。

MLB、NBA、NPB、ヨーロッパサッカーが題材となっていることが多いです。

筆者は、ダルビッシュ有さんとフアン・ソトの大ファンで、夢はサンディエゴに生で見に行くこと。高校まではただの野球人だったが、海外のスポーツが好き過ぎて、英語を学び、日本の外に住んでいる20代。

nickymallowをフォローする

【MLB, NBAからの英語フレーズ】スポーツでよく使われる「永久欠番」英語でどのように表現するか分かりますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

永久欠番の英語

あまり世間では見向きもされない、マニアックなスポーツ英語を定期的に紹介しています。

今回は、「永久欠番」についてです。

結構耳にするものの、あまり英語での表現方法を分かっている人は少ないようにも思えます。

retired number

プロスポーツの場でよく使われる「永久欠番」を英語で表現すると、“a retired number” となります。

「retired=引退する」、「number=番号」という感じで覚えやすいですね。

retired jersey

海外、特にアメリカのプロスポーツの場合、他の表現もよく目にします。

それが、“retired jersey” です。

「jersey=ユニホーム」という表現方法も現地ではよく使われます。

文章の場合

文章の場合は、少しだけ文法が変わります。

His jerseyis retired.

直訳:ユニホームは引退となった。
訳:彼の番号は永久欠番となった。

NBAでの「永久欠番」英語使用例

実際の使用例としては、下記のESPNからの引用例のようになります。

2021年12月18日にESPNよりツイートされた内容で、4年前のコービー・ブライアントの永久欠番セレモニーでのメモリアルなスピーチが紹介されています。

最後の文で、「永久欠番」以下のように使用されています。

his jerseys were retired by the Lakers.
レイカーズで永久欠番となった。

@espn ESPN公式ツイッター
2021年12月18日投稿より引用

ちなみにここで、his jerseysと複数形になっている理由は、コービーがレイカーズで付けていた「8」、「24」の両方で永久欠番となったからです。

他にも少しマニアックなスポーツ英語も紹介しています。もっとスポーツから英語を学びたい方はこちらから

にほんブログ村 

にほんブログ村

NBAランキング

タイトルとURLをコピーしました